ACCORDION of アコーディオン奏者•若林充<活動報告>

HOME > ACCORDION

プロフィール用.jpg

CONTINENTAL.jpg

EXCELSIOR Continental HMML(MLチャンバー) 41キー120ベース

EXCELSIOR Continentalの初号機で、チャンバー音にかなりのこだわりを感じる楽器。
MMが442と443のドライチューニング。

師匠から譲り受けた楽器で、その上、歴代の兄弟子姉弟子達がこの楽器でコンクールに出場、或は入賞、或は優勝を勝ち取ってきたという曰く付きの楽器。まさに先輩方の血と汗が染み付いた楽器です。

SONATA.jpg

INTERNATIONAL Sonata HMML 41キー120ベース

70年代、所謂アコーディオンゴールデンエイジの楽器。
INTERNATIONAL社、今は無いメーカーですが、当時はアメリカやブラジルでよく使われてたようです。
この時代はメーカーが組み立てだけでなく、リードから独自に作っており、この楽器もどんな音を作るのか、そのコンセプトがしっかりしている気がします。張りの中になんとも言えない粘りのある音。
MMが441と441という超ドライチューニング。

GUERRINI.jpg

GUERRINI MMML 41キー120ベース

これまで9割以上この楽器で仕事してきました。
とにかく弾き込んできたのでびっくりする位鳴ります!
とても優しい音。まさに相棒。

CAVAGNOLO.jpg

CAVAGNOLO MMML 41キー120ベース

とてつもなくアクの強いリードを持った、音色はまさに唯一無二。
その上、MMが441と447のスーパーミュゼットチューニング。

ミュゼットマシンですが、Mが最高!MLが最高!
要するに、波動が要らない位にリードそのものが強いのです。
もう少しドライチューニングにしようかと検討中。